川底幻燈

うちのクラスの女子達最近馴れ馴れしいなぁ……
あらすじ
東京・向島。 暗闇のにじむ茜の路地は静かに道を開き、誰かを呼んでいる。 人々の知らないもうひとつの町へ。 そこはいつも、川の匂いを含む__
著者名

巻を選んで読む

ここがオススメ!

あの町のすべてを忘れなさい。
蒼く深い瞳を煌々と光らせて、目の前の人物はそう言った。
瞼が重い。意識は遠のくにつれ、あの町の記憶が薄れていく。
空も、家も、人々も。あの不思議な魚たちも宵闇にきらめく幻燈も。
透き通る彼女の瞳すらも。
すべてがまるであの町の名前のように、灰暗い川の底に沈んでいくような気がした────
全巻無料!

この漫画を読んだ人には、こちらの漫画もオススメです

人気ジャンル

人気ランキング